785: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)03:10:23 ID:UUH
宗三「障子とか、檻、影絵」
 障子…建物の中と外を隔てている。
    影絵が写っているなら中に元となる何かがある。
 檻……今川が討たれて織田に行ったこと、捕虜を意味してる?
    中にいるなら自分で出ることはできない。
 影絵…影人形とも言う
no title




http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=51381593


797: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)03:29:59 ID:UUH
>>785
宗三の考察載せてなかった

宗三はいまだ捕虜として(心が)囚われてる
籠の鳥だといってもその飼い主がいなくなっているのに
外に出してもらうことも自分から出ることもできずにいる、かな

794: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)03:22:21 ID:UUH
小夜「迷宮とか渦」
迷宮…一本道であり、道の選択肢はない。
    通路は振り子状に方向転換をする。
    中心のそばを繰り返し通る。
    中心から脱出する際、行きと同じ道を再び通らなければならない。
渦……常に一方方向、中心に向かって流れている
    気を付けなければ飲み込まれてしまう

小夜の思考の中心に復讐があるとすると
小夜にとって復讐することが当たり前であり、
そこに小夜自身が選択する余地はない
小夜がどちらに向かうとしても
復讐から離れることはできない、とか

795: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)03:26:38 ID:hlW
>>794
特になったときかな。
強くなってもまったく気が張れないって言うよな
あれを見ると小夜は復讐をしたいって思ってないような気がする
でも復讐の道の行き方しか知らないような…

798: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)03:32:11 ID:cKq
>>795
破壊台詞を見るに、宗三さんにしても小夜にしても本人的にはハッピーエンドっぽいのが悲しい
彼らが吹っ切れるときは来るのか……

799: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)03:32:27 ID:8GP
>>795
放置していると、復讐は果たされたというのに復讐を求めてしまう、と言いますね。
最早本能とかアイデンティティーとかいうものと復讐がイコールになってしまって、逃れたくても叶わない、という事でしょうか。

802: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)03:36:45 ID:UUH
>>795
小夜の最初の持ち主が生きていた頃は幸せだったと思うんだ
お父さんがいて、お母さんがいて、子供がいて
まだ小夜じゃなかったけど

808: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)03:46:51 ID:8GP
>>802
山賊の手に無理矢理渡る事になって、研師になった子供によって復讐が果たされるまでは山賊の刀として使われていたんですよね。
その頃から復讐心はあったんでしょうか。

810: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)03:51:30 ID:cKq
>>808
その時点ではまだ人間の復讐心というものを見て・知っていないわけだから、
少なくとも、人格の根っこになるような強い復讐心は無かったんじゃないか

800: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)03:34:03 ID:xEl
自分のあり方と自分の望みとが矛盾してる左文字可愛い

801: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)03:36:41 ID:cKq
「訓練であれば…、と思ってしまうのは…罪深いことでしょうか?」とか、江雪さんも刀としての本能?では戦いたくて、
そこを理性で戦嫌いやってる感じがするんだよなぁ
 
no title

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga_big&illust_id=50920090&page=1

804: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)03:44:00 ID:Rt9
>>801
どの子たちも本質的には刀であって戦うための道具なんだろうなぁ

803: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)03:42:22 ID:hfs
江雪さんの中傷「身を切られる痛みなど、心に比べれば」って台詞が少し引っかかってたんだけども
身を切られるにかかるのが自分じゃなく弟たちのことなのかと考えたら納得できる部分があるのかな、と思った
浅学なもので江雪さんの来歴をそんなに知ってるわけじゃないけど、切り裂かれるような痛みをどこかで体験してるのかとずっと疑問だったから

806: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)03:45:16 ID:cKq
>>803
身を切られる痛み=中傷状態のいまの自分、心を切られる痛み=弟たちの業と悲しみ……だと思ってた
前者など後者を思えば何ということはない痛みだ!って自分を奮い立たせる感じで

807: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)03:46:11 ID:hfs
>>806
あ、そうだね掛ける方を間違ってた

812: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)04:00:20 ID:UUH
江雪「戦、争いは進入禁止!」
戦……語源は「矢を射交わす」こと
争い…互いに勝とうとして競うこと。口喧嘩から暴力沙汰まで
進入禁止
  …それ以上は入ってはならないということ

江雪さんにとってはどんな小さな喧嘩も
忌避すべきものであるのかもしれない
江雪さんの袈裟に進入禁止の意味があるということは
江雪さん自体が争いと和睦の境目にいるということでは?
そしてその境目で争うものたちと和睦(物理)し
平和の方へと進ませる役割を持っているのでは?
その役目をこなしつつも終わりの見えないことに絶望してるのでは
真剣必殺や手合せセリフを見ると
上下を決めること以外なら刀を振るうのは嫌いじゃないのでは?

江雪さんはまとめるのが難しいな・・・